山陰 松江 温泉 宍道湖 松江しんじ湖温泉旅館┃なにわ一水のだんだんブログ

大山daisen 登山 鳥取

約10年振りに鳥取県にある標高1710.6mの大山へ登山に行って来ました~!!
今回で3回目のチャレンジでした。

登山が大好きな母ですが、最近は母の友人達もなかなか登れる年齢ではなくなってきている為、
行きたい気持ちでいる母に私から一緒に登ろう!!と勇気を出して誘ってみたところ、
是非行きたい!
という事で、二か月前位から計画を立てていました(^^)


あまり人が多いとペースが崩れるので、平日を選んで行きました。
なので、あまり登山者はおらず自分達のペースで何度も休憩をし、ゆ~っくり登りました。

登山者は色んな方がおられて、ご夫婦・友達・1人で・・・。
中には、大山マラソン等の訓練?でしょうか、私達が1往復する間に2往復しておられて(@_@;)
2往復目に顔を見た時に「えーーーーっ!!」と言ってしまいました。

疲れ始めるとなかなか周りが見えませんが、登山植物を見つけては「ヒャーステキ☆」と
母は喜んでいました(*^ ^*)

白いお花は木蓮科のタムシバ。 ユリ科のショウジョウバカマ。

ショウジョウバカマは、場所によってお花の色が違ったり、普段は見れない植物が色々見れて
良かったです。
ま、私は余裕が無かったので、、ほぼ母の「ヒャー」で初めて気づいた感じですけど^_^;

6合目より上には所々雪が残っていたので、心配しましたが何とか滑ることなく通ることが出来ました。

雪が解けると共に、落石が起き、雷の様な音を立てて崩れていました。


7合目以降は、一段一段が高くなり、疲れもあり足がなかなか上がらずとても大変でした。
更に、高い木が無くなり影がないので暑さも増し、上の方は寒いかと思いきやとても暑かったです。

頂上に着くと、母もとても喜んでいたし、達成感で最高の気分でした)^o^(
頂上で食べるおにぎりのおいしさったら!!

何が辛いって下りの辛さ(>_<)・・膝がガクガクで転がって落ちそうでした(◎o◎)

下り終えそうな付近で、海外の山でも挨拶するのかな?と話をしていたら、
話し終えた途端に、ドイツ?の方20名位とすれ違いました!驚きました(@_@)
「こんにちは」と挨拶をすると、自国の挨拶や「コンニチハ」と返してくださいました。

登山慣れしている母のサポートが最高でした。
休憩する度におやつに変化をつけてくれて、塩辛い物、チョコ、レモン蜂蜜漬け
珈琲、レモンジュース、お茶とリュックから色んな物が出てきました(^_^)

当分、大山は勇気が必要ですが、三瓶山など登りやすい山へは又母と登ろうと思います。

翌日から数日間は激しい筋肉痛に悩まされた多久和でした。
読んでごしなって、だんだん♪